スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏やすみ自由研究 〜ブレクロよ、何処へゆく〜

  • 2012/08/18(土) 15:08:02

暑い毎日、皆様いかがお過ごしですか?
キャンプシップのエアコンを
しん♪ちゃんがランチャーでぶっ壊したので
修理中の絣です。
・・・てなネタはここでは今回限りにします。
というのも、すでにリンクに置いてたのですが、
PSO2のサイトを7月から始めてまして
これからはブレクロとPSO2のネタは別々に
書くことにしました。
なにせ不器用なもので・・・
うちうねこバナー
↑いっちー&かすりん、宇宙の冒険はこちらから!

ブレクロの近況は公式サイトや時々ログインして様子を見ていますが、正直に言ってイベントやくじなどにしても以前のようにプレイ意欲をかき立てるものはあまりありません。
とても残念です。
プレイしててもどこか違う空気が流れてる気がして。
もちろん自分のブランクのせいもあるし、行き交う人の顔ぶれも変わってきています。
でも、知らない人が多いから空気感が違うというよりも、例えば出会う妖物にしても、かつては妖物化してしまった、本来なら人間と共存していた動物たちや人(一部霊魂のような場合もありますが)で、それらを倒さなければならないというある意味、不条理さや切なさが常にあったわけです。
でもボス級のキャラは仕方ないとしても、安岐以降、出くわすのは妖物というよりはむしろ不可思議な異形
のモンスターそのものが多くて。
これじゃあ普通のモンスター退治のRPGじゃん、と・・・でも、そうだよな、強くなれば敵だって強大になってきて、見るからに強そうだったり、怖そうだったりするのは当然だよな、と思いながらも、ひとりで刀を手に、長屋から出かけていくことに段々ストレスを感じていました。
元々がへっぽこ武芸者なんだ。。。

始めの頃の、『幕末ファンタジー』や「幕末、体験してみませんか?」というキャッチコピーを見た時の期待感はどんどん薄れていくばかり。
先日応援団富くじwwwを見た時、ついにもう終わりなの?と思いました。
アタシも相当アホらしいのは好きですけど、アホらしさの中にもセンスや粋な部分がないと、ただのアホ、バカ、になるんですよね。
運営陣が交代(後退?)したせいなのでしょうか?とくにデザインがひどくなってますネ。新しいストーリーの新防具を見てがっくし・・・
こういうのはあくまで好みの問題だから、人それぞれでしょうけれど、個人的には愕然とするレベルですにゃ。
武器やアバターデザインなどの募集イベントはもしかして運営陣のデザインが行き詰まってるからなのかな・・・

さてさて、そんな文句を言いつつも運営さんには頑張ってほしいのでし!
文句は期待の裏返しなのでし!
グラフィックも綺麗だし、キャラの動きもいい!
今やってるPSO2もそう(国産)だけど、やっぱり日本人の職人気質っていいな、と思う。作り込みがね、やっぱり違う気がする。

それにブレクロをやっていると小さい頃連れて行ってもらった母の田舎の風景を思い出すのです。畑のあぜ道や山の木々、川辺などは秀逸ですね・・・日本人でよかったなぁ~と感じることがあります。
この世界観が好きでブレクロをやってる(やってた)っていう人が多いのに、それを活かし切れていないのが残念なのです。

そもそもブレクロの時代背景ってどんな感じなの!?
幕末っていうけれど、史実はどの程度参考にされてるのかな・・・

理から外れしもの「妖物」の異常増殖からはじまった混乱は、
さかのぼること二十余年前、黒船の来航により大きく膨れ上がった。

「妖物」があたりまえのように跋扈する世は人々の不安をあおり、
三百年に渡る太平の世を謳歌してきた幕府は急速に求心力を失い
この地と、そこに住まう人々の心は荒廃していった。

そして、ついに幕府による統治は事実上崩壊し
権力は分断され、二つの新たな勢力が誕生した……。

武士による幕威回復を図る「新政府」
帝を再びまつりあげ新しき国づくりを目指す「皇国」
               (公式ページより)


皇国領内の海には、大きな帆船や外輪式の蒸気船らしい船が浮かんでいます。
幕末のはじまりの象徴ともいえる黒船来航は1853年で、ブレクロの舞台はその約20年後と公式サイトにも書かれています。
明治時代の始まりが1868年ですから、さまざまなことが起こった幕末という時期ですが、実はほんの15年ほどの出来事だったのれす。ということは歴史に無理矢理あてはめると、ブレクロの時代はすでに明治時代に突入していることになります!

さて、皇国と新政府という2大勢力に分かれているのですが、ややこしいのは、ブレクロにおいては皇国が西洋諸国の影響を受け、開国を進めている幕府側で、新政府は保守的、つまり異国人を排除しようとする攘夷派とも言えます。しかし、体制はというと逆で、新政府が武力で幕威回復を図るという構図。
う〜ん、考えてると頭がこんがらがってくりゅ(@。@)
無理矢理史実にあてはめようとするのは無理で完璧パラレルワールドですかね。
幕末とか黒船とか中途半端に史実を入れているのでややこしいですが。
日ノ本だし、天豊だしね♪
皇国と新政府の争いに横やりを入れるエゲレスというまったく別の勢力が、今後のストーリーに大きく関わってくるようですね。
まあ、ここまでの展開からしてエゲレスが関わってこないわけもないのですが・・・
アタシは・・・、黒船が来航して以来、妖物が頻繁に現れ始めたということなので、いずれアメリカが台頭してくるんだろうずっと思っていましたが、その読みははずれたようです。
じゃあ、なぜ黒船来航が妖物出現のきっかけになったんだろ?

う~~~ん、わかんね。。。

今回のブログを書きかけのある日、新ストーリー、新マップが登場しました。
次回は新マップレポートでもしますか♪    (絣)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。